NEW HORIZONS

無限の可能性に満ちた2022年の幕開けを飾る「HORIZONSキャンペーン」。本キャンペーンのモデルを務めたMatthewさんとSarahさんに、撮影の舞台裏や2022年のビジョンについてインタビューをしました。

NEW HORIZONS

美しいオーストラリアの地平線を背景に、終始リラックスしたムードで行われHORIZONSキャンペーンの撮影。ナチュラルながら洗練された雰囲気が印象的なモデルのMatthew Erikson (マシュー・エリクソン)さんとSarah Su (サラ・スー)さん。MAISON de SABRÉのクリエイティブチームと息がぴったりだったお2人に撮影秘話や2022年のビジョンなどをインタビューしました。

1. 2020、21年は世界中の人々にとって変革的で試練の多い年だったと思います。2022年を迎えましたが、この二年間はどのような影響をもたらしましたか?

Matthew: このような難しい状況に置かれても自分は様々なことを乗り越えていけるんだと思いました。どんな事も恐れることはないと学びました。

Sarah: 二年間で経験したロックダウンは自分自身を見つめ直す良い機会になりました。特に学んだのはセルフラブ。自分を愛して認めることは2022年に活かしていきたいことです。

2. 2021年を過ごす中で学んだレッスン、教訓のようなものはありますか?
Matthew: 自分にとって大事で価値のある事と、そうではない事を見極める大切さ。自分を高めてくれる事だけにフォーカスすれば、ベストな状態に近づけると学びました。

Sarah: 苦しい時間はいつか終わるということ。そして常にポジティブである大切さも学べたレッスンです。どんな状況に置かれても新たな人生の目的を見出せるんだと思いました。

3. 反対に新たな年には持ち越さず、2021年に置いていきたい教訓はありますか?
Matthew: ネガティブで後ろ向きな考え方は2021年に置いていきたいです。ポジティブで明るく居れる考え方を取り込んで新しい年をスタートしたいです。

Sarah: 将来を心配しすぎず今を楽しむこと。考えすぎて色んなことに不安を感じるより、今に集中してその瞬間を楽しむ自分になっていきたいです。

4. クリエイティブチームと行ったHORIZONSキャンペーンの撮影はいかがでしたか? 

Matthew: HORIZONSキャンペーンは、「こんな表現の仕方があるのか」と思う場面が多かったです。クリエイティブチームと共に撮影していく中で、自分の個性についても考えさせられとても良い機会になりました。

Sarah: 地平線を背景に行うHORIZONSキャンペーンの撮影はとても刺激的でした。
自然の中で行われた撮影にとてもインパイアされましたし、私が持つ個性を表現できたような気がします。

5. お気に入りの撮影ショットや印象に残るエピソードはありますか?
Matthew: 地平線にゆっくりと太陽が沈んでいくサンセットの撮影が気にいっています。地平線を見渡していると「新たな始まり」という言葉が浮かび、2022年がやってくるんだと肌で感じました。

Sarah: 私のお気に入りの撮影ショットは、海が見渡せる野原での撮影です。自然と一体化したような気持ちになりましたし、とてもリラックスできました。

すべてを見る