私たちの2022年サステナブル誓約

MAISON de SABRÉにとって大きな節目となる創立5年目。それに加え今後さらに大切となるのが新たな時代への責任を果たしていくこと。この記念すべき節目を迎え、持続可能な未来に向けた正式なイニシアチブを発表します。私たちが意識的に行っている数々の選択や、提示したい誓約についてご紹介します。

MAISON de SABRÉにとって大きな節目となる創立5年目。それに加え今後さらに大切となるのが新たな時代への責任を果たしていくこと。この記念すべき節目を迎え、持続可能な未来に向けた正式なイニシアチブを発表します。私たちが意識的に行っている数々の選択や、提示したい誓約についてご紹介します。

私たちの2022年サステナブル誓約

環境への影響を最小限に抑え、天然資源を保護し世界の皮革産業を先導するリーダーとして持続可能な未来を確立していきます。

果たすべき責任感
MAISON de SABRÉにとって大きな節目となる創立5年目。それに加え今後さらに大切となるのが新たな時代への責任を果たしていくこと。私たちはブランドとして大切な地球を守っていくことや、より環境保護に理解を深めていくことが重要な役割だと考えています。

だからこそ持続可能なもの作りを推進し、環境への影響を最小限に抑えながら長持ちする比類ない製品品質を提供することに力を入れています。トレンドやファストファッションよりも品質やより長く使える製品作りを優先することで、問題になっている過剰消費を最大限に抑えます。

今年、私たちは公式にサステナブル誓約を発表することで今日選択するステップと明日へのコミットメントを提示していきます。しっかりと責任感を持ち、使命を全うするためMake Your Markファンデーションを促進していきます。

2022年の要約
2022年7月、100%のレザーアクセサリーをDriTan™技術(世界で最もサステナブルで節水に考慮した皮なめし製造)を採用し、製造するという目標を達成しました。現在全商品が梱包されるギフトボックスは98%リサイクル素材、85%の原材料を使用しています。2024年までに95%を達成することを目標にしています。またレザーワーキンググループでゴールド認定されている革なめし工場と連携し、革製品を製造しています。廃棄物を削減するために日々新たなプロセスを取り入れ環境保護に貢献しています。私たちのサステナブル誓約は、世界の皮革産業が持続可能となるジャーニーへのステップです。

今後の目標
私たちは様々な取り組みを行うため、日々進化しています。サステナビリティなもの作りを行うにあたり、10個の誓約を基にイノベーションチームや製造パートナーは活動しています。

私たちの使命
2022年、ブランドとして達成すべき目標やコミュニティを再認識し、本格的にサステナブル誓約を始動していくのが私たちの使命です。私たちと共に持続可能な未来を目指しませんか。まずはサステナブルレザー製品を取り入れてみることから始めてみましょう。

MdSチームメンバーが創立5周年記念にあたり、ボンダイブループロジェクトを立ち上げました。

今週末限定でボンダイブルー商品をどれでもお買い上げいただくと、売上金100%がTangaroa Blueに募金されます。きれいな海を守る環境保護活動にご参加いただけます。

最もサステナブルなレザーアクセサリーとして登場したキーチェーン。不用品や廃棄物を新たな製品にアップサイクルした環境にやさしいアイテムです。