Meet The Dream Chasers

2021年の幕開けに始まった、MAISON de SABRÉ(MDS)の「Dream Chasers キャンペーン」。今回、そのモデルを務めてくれたAjok Marial(アジョク・マリアル)さんとJuay Kennedy(ジュアイ・ケネディ)さんに、撮影の舞台裏と彼らの2021年のビジョンについてインタビューをしました。

Meet The Dream Chasers

オーストラリアのニューサウスウェールズ州、手つかずの自然が残るセブンマイルビーチで行われたDream Chasersのキャンペーン撮影。MDSと深い繋がりがあり、キャンペーンのスターでもあるAjok Marial(アジョク・マリアル)さんとJuay Kennedy(ジュアイ・ケネディ)さんにはモデルとして参加していただきました。暗い雲と波が打ち寄せるドラマチックな背景にエナジーをもらったアジョクさんとジュアイさんは、2021年に向けてどのような夢を持っているのか、また激動の年だった2020年に学んだ最大の教訓、そしてMAISON de SABRÉのクリエイティブチームと共に今回のキャンペーン撮影秘話などについて語ってくれました。

11:00am|with Ajok Marial(アジョク・マリアルさん)

MDS: 新年を迎えた今、アジョクさんの新たな価値観や視野が見えたというような事はありますか?
Ajok:予測不可能な世の中なので、正直なところ具体的にはまだわかりません。ただ、生きているという事実が素晴らしいということを思いに留めて置くことで何か見えてくるかもしれません。

MDS:アジョクさんの世界観とは何でしょうか?
Ajok:物事は二度と同じにようにはならない。私たちは常に変化を受け入れ、適応しなければならないと思って常に行動しています。

MDS:昨年学んだことの中で、2021年に向けての最大の教訓は何ですか?
Ajok:忍耐強く、自分が行なっている行動や過程を信じることですかね。

MDS:MAISON de SABRÉのクリエイティブチームと一緒に、Dream Chasersのキャンペーンを撮影した時のエピソードなどあれば教えてください。
Ajok:当日の天候は、快晴というよりかはまさに夢のような独特の雰囲気を醸し出していました。ロケ地は美しく、とても静かで平和な場所でした。クリエイティブチームの皆さんはとても親しみやすい雰囲気ですぐに仲良くなれました。

MDS:撮影を通してDream Chasersのキャンペーンのコンセプトやイメージをどのように表現していますか?また、お気に入りのショットはありますか?
Ajok:コンセプトとイメージはしっかりと夢のような風景を捉えています。今までで1番気に入っているショットは、バッグを空に向けて手を伸ばしているところです。どんなことでもクリエイティビティを刺激し、何か新しい再発見のきっかけを与えてくれるというシュールな瞬間を演出しています。

MDS: 2021年の抱負はありますか?
Ajok:自分の時間を賢く使い、自分の好きなことに時間を費やして行きたいです。

MDS: MAISON de SABRÉのカラーパレットの中で、アジョクさんが最も強く印象に残っている色は何色ですか?
Ajok:ピンクリリーです。柔らかさ、愛、温かさという印象を持ちました。私は今自分自身もそうですが、周りの人を愛するための自己発見の旅をしています。だから、ピンクリリーは私の今年のテーマと1番近いカラーだと思いチョイスしました。

MDS:今年はどのような形で「Make Your Mark=自己実現」をしていきたいですか?
Ajok:世界中でどんなことが起きていようと、自分がやると決めたことをやることです。

MDS:2021年に追いかけたい夢や挑戦したいことなどはありますか?
Ajok:スカイダイビングにチャレンジすることです。

すべてを見る